20代から始めるマンション経営

将来の資産形成は早いうちからがオススメ

社会人として働き始めて数年、充実している人や、理想と現実のギャップに苦しんでいる人など様々だと思いますが、なかなか将来のことまで目が向きにくいのが20代の皆様の現状ではないでしょうか。

実はそのような20代の方々で、マンション経営を始める方が急激に増えています。

マンション経営や不動産投資というと、「お金持ちの人がやる」とイメージされるかもしれません。 しかしながら、バブル経済崩壊後、マンションが適正価格で取引されるようになり、ローンを活用すれば少額の資金で始められるようになりました。

一昔前なら、マンション経営を含め資産運用はある程度の年齢になって、余裕が出来てからはじめるという概念がありました。皆様の中にも、「自分はまだ若いから」とか、「将来のことはその時になってから考えればいい」と思っている方も少なくないでしょう。
とはいえ、景気の低迷、リーマンショックや大震災の影響で、収入面において将来に向けての生活設計が立てづらくなっている方も多いのではないでしょうか。時間が来ればいずれ考えられるようになるだろうというのは、少々楽観的すぎるような気もします。

少子高齢化により年金保険料をはじめ、負担は増え保障は減るといった社会保障の世代格差は確実に大きくなっています。 社会人を取り巻く環境は若い人ほど厳しいといわざるを得ません。

今までのように右肩上がりに給料は増えない、なかなか貯蓄も出来ない、そんな中でも始められる資産形成はないかということで注目を集めているのが、マンション経営というわけです。

20代の皆様には、将来のための資産形成を成功させるための最大の武器、"長い時間"があります。マンション経営は短期で利益を狙うものではありません。長く持てば継続して家賃という形で収益が拡大する運用商品なのです。


20代で始める人の目的とメリット

少額な資金で資産形成と不労所得(私設年金)づくり

サラリーマンにとって不労収入をつくる目的の代表が私設年金作りです。
すなわち、60歳を目標にした場合、60歳までの期間をみると、長い時間を使うことができるのでローンの元金のほとんどを家賃で支払えてしまいます。
よって他商品と比較しても資産形成と将来の安定収入が圧倒的に少ない資金でつくることができます。

ポイント
  • 少ない資金で結婚前に将来の準備ができる
  • 最長ローンが組めるので複数持つことも可能
  • 家賃でローンを返済する期間が長い分自己負担割合が少なくできる
  • インフレにも対応

ご自身の住まいとして

マンションは自己所有の資産です。ご自身の住まいとして使うこともできます。
現在、「賃貸住宅に家賃を支払いながら暮らしている。」という方も多いでしょう。「家賃を払い続けるのはもったいないな・・・。」と感じたことはありませんか。当然家賃はいくら支払っても自分の資産にはなりませんが、マンションを購入して家賃を払う代わりにローンを返済しながら住んでみてはいかがでしょうか。もちろん、将来、転勤やご結婚で引っ越しすることになっても、その時は貸しておけばいいのです。
よって、本来払い捨てるはずの家賃分の資金を住まいを確保しながら資産形成もできるのです。

ポイント
  • 住居として使いながら将来の収入源を確保できる
 
年金不安や生活不安を解消する マンション投資セミナー開催中!! セミナーのお申し込みはこちら サークフルエステートでは、お客様のご意見、ご要望を承り、より良いサービスへの提供に活かして参ります 資料請求はこちら