30代から始めるマンション経営

効率よく自分と家族のための準備を

30代といえば、会社では役職を任されたり、プライベートでは結婚や自宅購入など守らなければならないものを手にした方が多いのではないでしょうか。周りからの期待が大きくなったり背負うものが増えたり、今まで以上に責任も大きくなる年代です。

実際のところ、貯蓄や運用よりも、会社や取引先での付き合いや食事で出費がかさんだり、家族が増えて家計の負担が増えたり、自宅を購入し毎月の住宅ローンに追われたりと将来の準備がままならない方が多いのではないでしょうか。

現在、少子化対策により子供手当が支給されていますが、引き換えに所得税・住民税に認められていた年少扶養控除が廃止になりました。さらに、今後は子供手当が見直されることで収入が減ってしまう恐れもあります。

「これからお金がかかるので高額投資は無理だ…」「もし何かあったら家族に迷惑がかかるのでは…」と思っている方もいらっしゃいます。

しかし何もしなければ状況は悪化するばかりです。あっという間にお子様の学費負担は増え、気が付けば退職までの時間は短くなってしまっています。

20代同様、30代にもまだ退職までの"長い時間"があります。マンション経営は30代のあなたの毎月の家計に負担をかけずに、ご家族の為の生命保険代わりになり、さらに、将来の安定収入をつくることができる運用商品です。


30代で始める人の目的とメリット

少額な資金で資産形成と不労所得(私設年金)づくり

30代は退職までの期間も十分にあり、60歳65歳の退職時期を目標にした場合、ローンを組んでそのまま所有しているだけで退職時に完済できるケースが殆どです。
30代は使えるお金が増え、運用を考える時期ですが、マンション経営は圧倒的に少ない資金で資産形成と将来の安定収入をつくることができます。これから結婚をしたり、お子様の出産があったりと負担が増える年代でが、将来の為に何かやらなければという意識が高いのが30代。株式やFXなどの投資商品と違って短期間で相場が大きく変動するようなものではないので、本業に支障をきたすこともありません。

ポイント
  • 大きな出費が掛る前に将来の準備ができる
  • 長期のローンを組めるので、生活に負担が掛らない
  • 本業に支障をきたさない

家計に負担をかけずご家族の保障を増やす生命保険として

住宅ローンには「団体信用生命保険」が付いていますので、万が一の時にはローンの残債を生命保険会社によって一括返済され、無借金のマンションだけが残ります。
すなわち、売却すればまとまった現金の受け取れる実物資産と、貸し続ければ、一生涯の収入になる遺族年金をご家族に残せるのです。
よって、万が一の時のためにご家族により多くの保障を準備したいが、家計に保険料負担を増やしたくないという方には、家計負担を増やさず保障を手厚くできる生命保険になります。

ポイント
  • 家計負担を増やさずより手厚い保障を
  • ご家族の保障を増やし、同時に将来の収入づくりを

扶養控除の廃止による増税の対策

現在、子供手当の支給と引き換えに税制改正により所得税・住民税の控除に認められていた年少扶控除(16歳未満)が廃止になり、結果増税となりました。子供手当は時限立法のためいつ無くなってもおかしくありません。これからの生活を考えるとなるべく出費はおさえたい年代だと思います。そのような中マンション経営は節税効果を利用し納めた年金の一部を還付させることができます。独身の方も、小さいお子様がいる方も還付金が副収入的なものとして年一回入ってきます。

ただし、節税の効果に関しては一生涯続くものではありません。ご自身の所得とマンション経営を行なうにあたり掛る経費によって変動するものなので、あくまで付加価値として考えたほうがよいでしょう。

マンション経営で減税となる例

Aさん(35歳)の場合※3人家族(妻・子供1人) 年収500万円

マンション購入前のAさんの税金

マンション購入後のAさんの税金

ただし、節税の効果に関しては一生涯続くものではなく、ご自身の所得とマンション経営における経費により変動するものなのであくまで付加価値として考えたほうがよろしいでしょう。

ポイント
  • 子供手当と還付金のダブル手当
  • 将来の出費の備えのための資金確保
 
年金不安や生活不安を解消する マンション投資セミナー開催中!! セミナーのお申し込みはこちら サークフルエステートでは、お客様のご意見、ご要望を承り、より良いサービスへの提供に活かして参ります 資料請求はこちら