マンション経営のメリット

私設年金として

「もう、公的年金だけを頼りにできない」「老後に備えて貯蓄を増やさなければならない」と考え、20代、30代の年齢から行動する人が年々増えてきています。
年金受給開始年齢は60歳から65歳へと引き上げられました。「老後は年金で安心」という時代が終わった今、不安を解消するのがマンション経営です。

生命保険の代わりとして

ローンの返済の途中で万一のこと(死亡または高度障害)があっても、それ以降のローン返済は団体信用生命保険によって完済されます。ローンの借入残高がなくなり、遺されたご家族は無担保のマンションと月々の家賃収入を得ることができます。もちろん、売却して現金化することも可能です。

高利回りの運用

安定した家賃収入を継続して得ることができるマンション経営。その利回りは低金利の時代にあって高い水準を維持しています。他の貯蓄商品と比較してもマンション経営の投資効率は群を抜いた利回りを確保しています。

インフレリスクに強い投資

景気の回復などによりインフレになった場合、物価が上昇する反面、現預金の価値は目減りすることになります。実物資産である不動産は価値が市場の動きにスライドする性質があるので、マンション経営はインフレヘッジとしてリスクに強い資産といえます。

確定申告することで節税

マンション経営を始めると家賃収入により収入が増えますが、一方で不動産経営を行う者として必要経費が認められることになります。必要経費を家賃収入から差し引くことができます。申告所得をマイナスにし、不動産所得と給与所得(会社員の場合)を合算して確定申告をすると、所得税の還付と住民税の軽減を受けることができます。また、賃貸用不動産の場合、評価額の軽減が受けられるため、相続税の節税においても有利といえます。

Aさん(35歳)の場合※3人家族(妻・子供1人) 年収500万円

マンション購入前のAさんの税金

マンション購入後のAさんの税金

詳しくは下記の年代別マンション経営をご覧下さい。20代30代40代50代退職者
 
年金不安や生活不安を解消する マンション投資セミナー開催中!! セミナーのお申し込みはこちら サークフルエステートでは、お客様のご意見、ご要望を承り、より良いサービスへの提供に活かして参ります 資料請求はこちら