40代から始めるマンション経営

負担のかかるこの時期に家計に優しい資産形成を

40代ともなると、近年の景気低迷や社会保険料負担の増額などで、給料の手取り収入が思うように増えなかったり、家計において子供が私立の学校に進学されたりと学費や仕送りで貯蓄どころか取り崩さないと…という話も耳にします。中には親御さんの介護なども視野に入れなければいけない年代です。「今日のランチはちょっと我慢しよう」と節約の日々を送っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

40代、50代は20〜30代と違い、本人の能力や資質に関係なく、大きく人生設計が狂った方が多い年代です。バブル経済の崩壊、税制・年金制度・社会保障制度の改正などによる負担増などが原因です。

とはいえ、国が助けてくれるわけではないので、やはり将来の年金の準備もしなくてはなりません。サラリーマンの方であれば、老後に向けて準備ができる時間もいよいよ20年をきってきます。若者と違って運用期間にそれほど余裕があるわけではありません。大きな損失を出した場合に損失をリカバーする時間もお金も足りません。そのためあくまでも積極的な運用よりも安定運用を目指しましょう。

そうはいっても、40代はある程度の自己資金も出せる年代です。収入も増え、節税効果も期待できます。効率良く複数のメリットを享受できるマンション経営は40代のあなたの今の生活を変えず、もしくは今の生活の負担を減らし将来の安定収入やご家族の為の保障を増やしたいと思っている方にぴったりの運用商品です。


40代で始める人の目的とメリット

家計に負担をかけず資産形成と不労所得(私設年金)づくり

サラリーマンにとってマンション経営をする目的の代表が私設年金づくりです。
40代は60歳65歳の退職時期を目標にした場合、残りの準備時間も見えてきます。
ローンを利用する際、40代はまだ長期でローンが組めるため、毎月の返済額を家賃で返済することでき、家計に負担をかけることなくローンの残債を減らすことができます。預貯金や生保の年金商品のように給料からお金をまわし貯蓄を増やすのはとても大変な年代です。しかしマンション経営は家賃で資産形成していきますので、ご自宅の住宅ローンや子供の教育費が掛っている方でも、家計に負担をかけることなく不労所得をつくることができます。
さらに、株式やFXなどの投資商品と違って短期間で相場が大きく変動するようなものではないので、突然の損失を抱えたり、変動状況を細かくチェックしたりする手間がかかりません。本業に支障をきたすこともなく運用していくことが可能なのです。
よって、まさに今、家計も負担がピークだという方でも、他の金融商品と比べて、大きな変動リスクもなく、少ない資金で効率よく将来の安定収入をつくることができます。

ポイント
  • 負担を増やしたくない状況下でも将来の準備ができる
  • 家賃で資産形成をしていくので他商品より少額な資金で収入源をつくれる
  • 突然の相場変動による損失リスクが少ない
  • 本業に支障をきたさない

少ない負担で家族により多くの保障になる生命保険として

住宅ローンには「団体信用生命保険」が付いていますので、万が一の時にはローンの残債が生命保険会社によって一括返済され、無借金のマンション(収入源)が残ります。
すなわち、売却すればまとまった現金が保険金代わりに受け取れ、貸し続ければ、毎月の収入が遺族年金代わりに受け取れるマンションをご家族に残せます。
ローンの毎月の返済は家賃収入から支払いますので、実際の自身の持ち出しはほとんどありません。
お金が一番かかる時期のため、家族への保障は手厚くしておきたいが、家計の負担がピークでこれ以上の支出は増やせないという方や、保障額はそのままで、月々の保険料負担を減らしたいという方にとってマンション経営は家計の救いにもなります。

ポイント
  • 家計の負担を増やさずより手厚い保障をつくる
  • ご家族の保障と同時に将来の収入づくりを
  • マンション投資することで保険料負担を減らすことも可能

扶養控除の廃止による増税の対策

現在、子供手当の支給と引き換えに税制改正により所得税・住民税の控除に認められていた年少扶控除(16歳未満)が廃止になり、結果増税となりました。子供手当は時限立法のためいつ無くなってもおかしくありません。これからの生活を考えるとなるべく出費はおさえたい年代だと思います。そのような中マンション経営は節税効果を利用し納めた年金の一部を還付させることができます。独身の方も、小さいお子様がいる方も還付金が副収入的なものとして年一回入ってきます。

ただし、節税の効果に関しては一生涯続くものではありません。ご自身の所得とマンション経営を行なうにあたり掛る経費によって変動するものなので、あくまで付加価値として考えたほうがよいでしょう。

マンション経営で減税となる例

Aさんの場合※4人家族(妻・子供2人) 年収650万円

マンション購入前のAさんの税金

マンション購入後のAさんの税金

所得増や扶養控除の廃止による増税の対策

40代ともなると収入が増えてきて、所得税住民税の税率が上がった方もいると思います。そして、ご存じの通り、子供手当の支給と引き換えに税制改正により所得税・住民税の控除に認められていた年少扶控除(16歳未満)が廃止になり増税となりました。ただ子供手当は時限立法のためいつ無くなってもおかしくありません。 もちろん納税は国民の義務ですので納めないわけにはいきませんが、源泉徴収にて納めた税金も、マンション経営のメリットである節税効果にて一部還付金を受けることができます。
場合によっては、将来の設備リフォームなどの出費の時のための資金にするのも良いと思います。
ただし、節税の効果に関しては一生涯続くものではなく、ご自身の所得とマンション経営における経費により変動するものなので、あくまで付加価値として考えた方が良いでしょう。

ポイント
  • 帳簿上の赤字を作り節税できる
 
年金不安や生活不安を解消する マンション投資セミナー開催中!! セミナーのお申し込みはこちら サークフルエステートでは、お客様のご意見、ご要望を承り、より良いサービスへの提供に活かして参ります 資料請求はこちら